本文へスキップ

TEL:03-6860-8449

E-mail: sales@sac-corp.co.jp

FORTON VF-774GRC添加剤 アクリルポリマー

FORTON VF-774


建造物の平部、及び 装飾的な部分に、軽量で強靭なGFRC(耐アルカリ性ガラス繊維補強セメント板)が使用されています。 GFRCは、軽量、強靭、不燃、高耐久性といった基本性能はもとより、模様などのディーテールを再現できる優れた造形性があります。 シリコーンゴム型やウレタンゴム型を利用し複雑な成型を可能にします。

米国SMOOTH-ON社のGFRC用のアクリルポリマー FORTON(フォートン) VF-774を使用し、容易に高耐久性で、軽量、強靭、不燃等の特性を保有するGFRC(耐アルカリ性ガラス繊維補強セメント)の製造方法を紹介させていただきます。

FORTON® (フォートン) VF-774 は、GFRC 製造工程で特別に処方される分散系アクリルポリマー(固体分51%)で、pHの高いポルトランドセメントを使用しGFRC複合材料を軽量、強靭、不燃、高耐久性にし、紫外線(UV)の耐久性に優れています。FORTON®(フォートン) VF-774を使用したGFRCの利点と作業性の利点を下記に示します。また、物性表をご参照ください。

FORTON®VF-774を使用したGFRCの利点。

• 7日間の湿気除去硬化処理をしたGFRCは、強靭さを実現します。
• GFRCの長期耐久性試験によると、破損特性である、曲げひずみの長期の持続性と柔軟性を保持しています。
(20年間実施された評価試験プログラムの結果に基づく)
• PCI適合性-7日間の湿気除去による硬化後のFORTON®VF-774を使用したGFRCは、PCIのMNL130のアペンデックスLに適合を承認されています。
• 米国GRCA(米国耐アルカリ性ガラス繊維補強セメント板協会)に承認されている世界で唯一のGFRC用アクリルポリマーとなります。

FORTON®VF-774を使用したGFRC製造工程における作業性の利点。

• 低水分量であるGFRCのセメント混合率は、作業性が良く硬化後のGFRC基材の強度を更に増します。
• 混合物の吹付け時に、液ダレなく垂直面へ簡単にスプレーできます。
• 酸化鉄顔料が均一に分散し、バッチ毎の一貫性のある配色を可能にします。
• FORTONポリマーによりUV耐久性に優れ、建築物の仕上がりの外観色を維持します。
• GFRC表面は、均一な優れた吹き付けが可能なため、高密度で高耐久性が保持されます。
• より堅く、より高密度に硬化したGFRC製品は、湿気吸収と水蒸気透過性が完全に遮断し、経時変化による吸収性を激減します。
• セメント内部の粒子間にソフトなポリマー粒子が浸透し、GFRC表面のひび割れとクモの巣状の亀裂の発生を抑えます。
• 米国の難燃性試験ASTM E-84を取得しています。

FORTON VF-774を使用したGRCの特性

プレミックスの特性 スプレーアップの特性
密度(乾燥時) 1,762~2,082 kg/m3 1,922~2,242 kg/m3
圧縮強度(沿層方向) 422~633 kgf/cm2 492~844 kgf/cm2
屈曲: 曲げ降伏(FY) 49~84 kgf/cm2 63~105 kgf/cm2
極限強度(FU) 102~140 kgf/cm2 140~246 kgf/cm2
弾性係数(率) 70,307~203,890 kgf/cm2 70,307~210,920 kgf/cm2
引張:引張降伏(TY) (ASTM C 1230) 42~63 kgf/cm2 49~70 kgf/cm2
極限強度(TU) 42~70 kgf/cm2 70~112 kgf/cm2
引張破綻 0.1%~0.2% 0.6%~1.2%
せん断: 層間 N/A 28~56 kgf/cm2
面内 56~70 kgf/cm2 70~112 kgf/cm2
熱膨張係数 約21.6 x 10-6 mm/℃ 約21.6 x 10-6 mm/℃
熱伝導率 58~125 kcal/m・h・℃ 58~125 kcal/m・h・℃
火災等級 (ASTM E-84) Class A / Class 1 Class A / Class 1

上記データーは標準値で、デザイン、又は品質管理には使用しないでください。各メーカーは、設計のために物性を立証するため複合材料を試験する必要があります。
実際の値は、混合物の設計や材料、製造プロセス、硬化の品質管理に依存しています。値は、硬化後28日以降の測定値となります。

技術資料

FORTONVF-774 アクリルポリマーの物性


固形物(重量) 51%(±1%)
粘度 100~300 cps
pH 8~10
密度(20℃) 1055 kg/m3
Tg 11℃
粒子サイズ 0.13 ~ 0.25
粗さ 0~50 ppm

技術資料はこちら

技術資料      

メディア

YouTube

コンクリート製 バーカウンターの建設-Part 3 熱帯林の表面模様を転写したGRCパネルの製作 角度を持つGRC建築パネルの製作
     
コンクリート製 バーカウンターの建設-Part 2 コンクリート製 バーカウンターの建設-Part 1 GRC解説-GRC製作 基礎編
     
GRC製噴水の製作方法 GRC製建築コーニスの製作 ショウルームカウンターの製作でのGRCスプレー方法
     
GRC製カウンタートップの製作 竹模様を転写したGRC製フェンスの製作 手作りのGRC製シャワールームの製作

     
シリコーンゴム型によるGRC製テーブルの製作 公共施設のシンク製作方法